[KeTCindy 00365] Re: KeTCindy Books

入谷 昭 hannya002 @ me.com
2019年 1月 27日 (日) 11:22:06 JST


入谷です。
> 
>>> 「導関数のグラフは次のようにして描くことができます。」
>>> の次のプログラム(318頁の3行)は「Plotdata」
>>> 関数を使いたくなりますが,そうするとCinderella の
>>> 画面には表示されるが,Figure ボタンでpdfを作ると
>>> きにRがエラーを出してpdfが作れません.
>> 
>> どのようにしましたか?
> 
> Plotdata("3","g(x)","x",["Num=200"]);
> 
> としました.

はい,g(x) の定義がRに渡らないので,エラーになります。
CindyScriptの関数の定義は,そのままではRに渡らないので使えないのです。
式を文字列fstr にして,CindyScriptでは parse(fstr) で定義し,KeTCindyの Plotdata ではそのまま使っているのはそのためです。

このこともちゃんと書いておく必要がありますね。なぜ文字列にしてparse() を使うのか,説明不足でした。

ついでに,定義域を分けて関数を定義する不連続な関数のグラフの描き方も何か追加しましょう。





Ketcindy メーリングリストの案内