[KeTCindy 00355] Re: KeTCindy Books

Kiyoshi Kitahara ads14269 @ ttv.ne.jp
2019年 1月 24日 (木) 19:56:49 JST


入谷先生

入谷先生お久し振りです.何とか復帰致しました.

本日は L-systemとフラクタル からです.
これはなかなか凄いですね.nの値を色々変えて楽しみました.
しかし分かっている図から置換規則を見い出すのは難しいです.
何かうまい見い出し方があるのでしょうか?

254頁
置き換えを1回行うと,イニシエータが A なので,2つの規則のうち
1つ目は無効で,1つ目の規則により F[+A][-A]FA となります。
ー>
1つ目は無効で,「2」つ目の規則により

256頁
Count :データに書き出した回数
ー>
Count :データ「を」書き出した回数
あるいは
Count :亀の足跡 Tlist をKeTCindyのデータとして書き出した回数

260頁
コッホ曲線〜植物の成長モデルまでのプログラム例で最後の行に
drawturtle(initpos,initdeg,n,kaku);
を書いておいた方が良いのでは?


刺し子模様
267頁
丸毘沙門の図については関数を定義した後に
基本パターンを見るには次を実行する.
marubisyamon([0,0],1);
等と書いておかないとこのままでは図が出てこない
(当然ですが・・・).

次は簡易レイトレーシングです.

北原清志


Ketcindy メーリングリストの案内