[KeTCindy 00310] Re: KeTCindy Books

入谷 昭 hannya002 @ me.com
2019年 1月 13日 (日) 10:18:54 JST


入谷です。

北原さん,いつもながら細かいチェック,ありがとうございます。

> 代表値を求める
> 132頁
> "f1=fivenum(x)",[],
> "f2=summary(x)",[],
> 133頁
> なお, fivenum,summary は関数で,x が引数なので
> "f1=fivenum(x)",[],
> "f2=summary(x)",[],
> 上記の違いが分かりません.

同じですね(^^;
133ページの方は
   "f1=fivenum",["x"],
   "f2=summary",["x"],
です。
関数名,[引数]
の形。


> 
> 箱ひげ図
> 140頁 とても小さなことですが,
> println(min(dt1)+"-"+max(dt1)+":"+min(dt2)+"-"+max(dt2));
> となっているように見えます.
> しかしコピーすると
> println(min(dt1)+"~"+max(dt1)+":"+min(dt2)+"~"+max(dt2));
> となります.不思議です.
> コンソールに
>    31~55:44~80
> と表示されます。
> コンソールの表示は合っているようです.

フォントの関係でしょうか。
コードの部分は Courier ですが,チルダがハイフンに見えるかもしれません。よく見るとチルダですが。

> 
> 散布図
> 144頁
> 表にある数値と
> data=[[58,52],[34,53],[64,52],・・・・]
> dataの数値とが合っている方が分かりやすいと思います.
> とくに
> data=[[58,52],[34,53],[64,52],[38,69],[40,70],[39,77
> ],[41,56],[48,77],[38,62],[61,66]];
> において何故「海野 広志」のデータが抜けているのか
> 不思議です.

修正しました。

3学期の教材を作っていて,定積分の値を求める必要ができたので(手計算に自信がない (^^;)
第5章第4節 定積分 に定積分の計算を追加しました。
Maxima を使うので「基本編」からは少し逸脱するため「参考」としました。
そのため,ページ数が変わりましたので,あらためて
https://sites.google.com/site/ketcindy/home/books
からダウンロードしていただけるとありがたいです。






Ketcindy メーリングリストの案内