[KeTCindy 00309] Re: KeTCindy Books

Kiyoshi Kitahara ads14269 @ ttv.ne.jp
2019年 1月 13日 (日) 01:03:30 JST


入谷先生

 少し間が空きました.
今回はRの使い方,図の書き方の良い勉強になりました.
どうも統計処理は苦手でついつい避けてしまします.
今回の例を参考にすればいろいろ書けそうです.
今回以降は修正したものを使っています.
次回は空間図形からです.これも楽しみです.


代表値を求める
132頁
"f1=fivenum(x)",[],
"f2=summary(x)",[],
133頁
なお, fivenum,summary は関数で,x が引数なので
"f1=fivenum(x)",[],
"f2=summary(x)",[],
上記の違いが分かりません.


箱ひげ図
140頁 とても小さなことですが,
println(min(dt1)+"-"+max(dt1)+":"+min(dt2)+"-"+max(dt2));
となっているように見えます.
しかしコピーすると
println(min(dt1)+"~"+max(dt1)+":"+min(dt2)+"~"+max(dt2));
となります.不思議です.
コンソールに
   31~55:44~80
と表示されます。
コンソールの表示は合っているようです.


散布図
144頁
表にある数値と
data=[[58,52],[34,53],[64,52],・・・・]
dataの数値とが合っている方が分かりやすいと思います.
とくに
data=[[58,52],[34,53],[64,52],[38,69],[40,70],[39,77
],[41,56],[48,77],[38,62],[61,66]];
において何故「海野 広志」のデータが抜けているのか
不思議です.


北原


>入谷です。
>
>北原さん,お忙しい中,恐縮です。
>
>> 79頁
>> Bowdata("1",[[0,0],B],["Expr=t0n3,r \theta"]);
>> Expr=t0n3 は初出,要説明
>
>> 98頁
>> PutonCurve("A","gr1",[-4,4]);
>> 最後の区間表示初出,要説明?
>
>このようなところが何ヶ所かあります。オプションを使っているところです。
>ここは,不明ならば(というか,実際に自分で書こうとすれば)マニュアルを参照す
>ることになるでしょうから
>説明を省いています。
>
>修正したものは,あらためて
>
>にアップしてありますので,ダウンロードしなおして続きをやっていただければあり
>がたいです。
>
>_______________________________________________
>Ketcindy mailing list
>Ketcindy @ ketpic.com
>http://lists.ketpic.com/mailman/listinfo/ketcindy


Ketcindy メーリングリストの案内