[KeTCindy 00026] BBdataの修正

Setsuo Takato takato @ phar.toho-u.ac.jp
2016年 4月 12日 (火) 17:12:02 JST


高遠です.

BBdataを修正し,basic2を更新しました.
下記の ketpic.com内のリンクリストよりDLしてください.
今回は,width/height の付加がオプションでできるようにしました.
例えば,ファイル名をfig.pdfとして
 BBdata(“fig”, [ “w=50mm”]);
とすると
 includegrpahcis[bb=…., width=50mm]{fig.pdf}
がコンソールに出力されます.
強制書き出しのオプション 1/ “m” もオプションの[  ] の中に入れられます.
 BBdata(“fig”, [“m”, “h=50mm”]);
また,bbのデータを見やすさのため,小数点以下2桁に抑えました.

BBdataの使い道としては,まず

1)スクリーンショットや写真などの画像
   bb= のオプションで指定するのが最も確実です.
   (どのTeXでも大丈夫です)

がありますが,先ほど小林さんが(間違ってMLに)質問したように
海外にTeXで投稿する場合,最近はPdfLaTeXを指定されることがあります.
これは最近の傾向ですが,残念ながらTpic specialをサポートしていないので,
KeTCindyで作った図ファイル(例えば fig.tex)をinputで読み込んでも図が表示されません.
そのようなときは,Figpdfを使って,サイズを合わせたfig.pdfを作るのですが,
その際に,fig.pdfのboundingboxを指定する必要があり,BBtexが有効です.
(従来のTeXでは必要.pdflatexでは不要だが入れておいても問題ありません)



****************************************************
  高遠 節夫 (たかとお せつお)
   東邦大学理学部(訪問教授)
   KETpic開発センター    
   ketpic.com <http://ketpic.com/> >リンクリスト 
    DL:Dropbox-KeTCindy
    ML : KeTCindy Mailing List
===================================







-------------- next part --------------
HTMLの添付ファイルを保管しました...
URL: http://lists.ketpic.com/pipermail/ketcindy/attachments/20160412/c4788c21/attachment-0001.html 


Ketcindy メーリングリストの案内